もしあなたの手汗を止めることができたらなら

汗っかきの人もいれば、あまり汗をかかない人もいます。
これはかなり個人差もありますが、代謝も大きく関係しています。
代謝がパ活発な人は汗をかきやすくなりますし、代謝が低下しており冷え性の人はあまり汗をかきません。
しかしこれとは全く異なる、大量に汗をかく人もいますがこれは、多汗症という病気の一種です。
多汗症の人は交感神経が過敏になっているため、通常よりも大量の汗をかきます。
汗をかくのは、暑いときに発汗させ体温を下げる目的の他には、緊張したときに手や背中に汗をかく事もあります。
冷や汗というのもあるように、緊張を通り越し恐怖を感じた時にかく汗もあります。
多汗症の人は緊張すると、びっくりするくらい大量の汗をかきます。
緊張した時に手に汗握るという表現を使いますが、汗が滴り落ちるくらいの量となるので、手をつなぐ事も握手をする事もできません。
多汗症だと知っていても、汗が滴り落ちる手の人とは手をつないだり握手は少し抵抗があります。

 

多汗症の人は尋常ではない量の汗をかくので、それが大きな悩みとなってしまいます。
多汗症は治療をする事もできますが、どの方法が効くかは個人差も大きいと言われています。
一般的には薬物療法や手術となっていますが、中には薬にも手術にも頼らず多汗症を克服する方法というDVDもあります。
自分に合う方法を見つけるのは大変ですが、ボトックス注射という選択肢もあります。
ボトックス注射には持続性もありますし、即効性があるので効果は期待できるでしょう。